体温の話し

コラム

2020.06.09
健康

低体温だと免疫力が低下するってホント?

35度台は低すぎる? 体温と免疫力の深い関係

健康的な平熱は、個人差もありますが、成人で36度~37度とされています。人間の体にあるさまざまな器官や機能は、この体温の範囲内で正常に働くように構成されています。

しかし最近では、平熱が35度台という低体温の人が増えているようです。低体温になると、血管が収縮して血液の流れが悪くなります。血液の中には、免疫機能を持った白血球が存在しているため、必然的に病気から身体を守る免疫力も低下します。そうなると風邪や感染性胃腸炎などの感染症に罹る可能性が増すことが考えられます。このように、低体温は免疫力に深く関係していますので、体温を上げ、体のすみずみまで血液の循環を良くすることは健康的な体づくりに欠かせないアプローチです。

低体温の人の体質改善、3つの方法

①低体温の人こそ「腸内環境」を見直す!

腸内環境?と思う方も多いと思いますが、免疫細胞の約7割が集結しているとされる「腸」は免疫機能を維持する上でとても重要な役割を果たしているため、低体温の人こそ、まずは腸内環境を整えることが重要です。おすすめは、善玉菌を多く含む食品(プロバイオティクス)と、そのエサとなる物(プレバイオティクス)をいっしょにとる「シンバイオティクス」と呼ばれるやり方。(アイラシイ_「健康”腸”寿」――知られざる腸内細菌の力を知ろう、より抜粋

【プロバイオティクス】

生きたまま腸に届く善玉菌やそれを含む食品のことを言います。ビフィズス菌や、乳酸菌、納豆菌などです。ヨーグルトやみそ、キムチ、ぬか漬け、納豆などが主な食品です。

【プレバイオティクス】

腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌の増殖を促す成分や食品のことを言います。水溶性食物繊維やオリゴ糖などです。野菜や果物、こんにゃく、海藻、きのこ類、はちみつなどが主な食品です。

これらの食事をかけあわせてとるのが有効です。一瞬むずかしそうに感じますが、朝食に「ヨーグルトにバナナを入れてはちみつをかける」だけでOKなのです。